オーガニック農業

農業の世界的な流れは大規模、化学ベースの農業に向かっています。そこで使用される有害な化学肥料、非分解性の殺虫剤や除草剤によって、土の生命は破壊され、育成された食物には汚染される場合もあります。 またこれらの薬剤は捕食者、昆虫、雑草、細菌といった食物連鎖をも汚染し、環境中の種の自然バランスを破壊しているのです。このような無機肥料、除草剤や殺虫剤などの農業汚染物質は、世界中の主要な関心事です。

それらの問題を解決するのが有機農業です。有機農業は、環境バランスを復元し環境上の他のそのような有害な影響のいずれもありません。
オーガニック・インディア社は、有機農業を実践し、合成肥料や農薬、遺伝子組み換え生物や医薬品の使用を控えることによって、土壌汚染等を飛躍的に低減しています。しかもオーガニック・インディア社が実践する有機農業は、伝統的なだけでなく、現代の科学的知識の両方に応じて自然に発生する手段と物質で制御しています。 有機農業のローカル社会経済的、気候的、文化的な設定の中で実装されている世界的に認められた原則に準拠しています。

有機農業を通じ、農家は健康、持続可能な農法を学び、農業遺産の知恵を取り戻しています。さらにそれは、作物の長期的な利回り、栄養価値と効力を増加させ、自然にきれいな水の供給を可能にし、その家族、家畜、農地と地域社会の全体的な豊かさ、健康と幸福を提供します。